独自の視点で本を選んで紹介しています。

aroha.asablo.jp/内をGoogle.comで検索します


「Amazon.co.jpアソシエイト」

日本のいやしの鍼2015年04月08日 09:44


木村 愛子 (著)
単行本: 189ページ
出版社: たにぐち書店 (2010/06)

内容:(前著『いやしの針』の内容紹介より)
鍼灸師である著者がこれまで実践してきた針治療が、単なる体の治療だけではなく、心のいやしにも通じることを教える。鍼灸(特にハリ)の心身に対する癒し効果を、さまざまな実例を通じて詳しく紹介する。鍼灸は、まったく経験したことのない人にとって「痛い」「熱い」「恐い」といったイメージが強い。また、鍼灸というと、肩がこった、腰が痛い、膝が曲がらない、といったときに治療してもらうものと考えている人も多い。しかし、著者の「いやしの鍼」はそうした考え方とはまったく異なる。では、それはどんな背景から出てきたのか。著者の個人的なバックグラウンドを交え、さらに、視覚障害というハンディキャップをもちながら、国内外で精力的な活動を行う姿も紹介する

著者について
木村 愛子(きむら・あいこ) 1943年、東京築地生まれ。生まれつきの目の病気によって、しだいに視力が低下し、10代の半ばに中途失明。筑波大学附属盲学校で、本格的に鍼灸師をめざす。61年、同校を卒業。引き続き同校の教員養成施設にすすんで、母校の教壇に。04年3月に定年退官するまで、文部教官を務める。この間、生徒に鍼灸、あんまマッサージなどの実技を教えるとともに、学校の臨床実習室で患者の治療にもあたり、数千人の治療実績をもつ。主な著書に『新しい中国の奇穴』(99年、たにぐち書店発行)、『JAPANESE ANMA(英文)』(03年、桜雲会発行)などがある。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
木村/愛子
1943年、東京築地生まれ。生まれつきの目の病気によって、しだいに視力が低下し、10代のなかばに中途失明。筑波大学附属盲学校で、本格的に鍼灸師をめざす。61年、同校を卒業。引き続き同校の教員養成施設にすすんで、母校の教壇に。04年3月に定年退官するまで、文部教官を務める。この間、生徒に鍼灸、あんまマッサージなどの実技を教えるとともに、学校の臨床実習室で患者の治療にもあたり、数千人の治療実績をもつ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

一言:前著『いやしの針』が高評価

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aroha.asablo.jp/blog/2015/04/08/7607037/tb