独自の視点で本を選んで紹介しています。

aroha.asablo.jp/内をGoogle.comで検索します


「Amazon.co.jpアソシエイト」

○■ゾミア―脱国家の世界史■2015年07月05日 08:33

国家に組み込まれないための生き方が浮き彫りにする国家の本質


ジェームズ・C・スコット (著)
佐藤仁 (監修)
池田一人,今村真央,久保忠行,田崎郁子,内藤大輔,中井仙丈 (共訳)
発行所: みすず書房
2013年10月3日第1刷発行
464ページ

■商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
アカ、カチン、フモン、ラフ…様々な人々が独自の社会を築くインドシナ半島の奥地、ゾミア。この深い山中の文化や生業は、国家を回避する戦略だった。世界の自由民たちが息づくグローバル・ヒストリー。国家による管理の無力さを一貫して追及してきた政治学者・人類学者による、壮大なスケールの“もうひとつの国家論”。
著者について
■著者
ジェームズ・C・スコット(James C. Scott)
1936年生まれ。イェール大学政治学部・人類学部教授。全米芸術科学アカデミーのフェローであり、自宅で農業・養蜂も営む。東南アジアをフィールドに、 地主や国家の権力に対する農民の日常的抵抗論を学問的に展開した。ウィリア ムズ大学を卒業後、1967年にイエール大学より政治学の博士号を取得。ウィス コンシン大学マディソン校政治学部助教授を経て、1976年より現職。2010年に は、第21回福岡アジア文化賞を受賞。

■監訳者
佐藤仁(さとう・じん)
1968年生まれ。東京大学東洋文化研究所准教授。東京大学教養学部教養学科 (文化人類学)卒業。同大学院総合文化研究科博士課程(国際関係論)修了。 ハーヴァード大学ケネディ行政学大学院修士課程(公共政策学)修了。学術博 士。東南アジアを主たるフィールドに天然資源をめぐる政治過程を研究してい る。2013年には、第28回大同生命地域研究奨励賞を受賞。

■訳者
池田一人(いけだ・かずと)大阪大学大学院言語文化研究科講師。
今村真央(いまむら・まさお)シンガポール国立大学地理学部。ハーヴァー ド・イェンチン研究センターフェロー。
久保忠行(くぼ・ただゆき)日本学術振興会特別研究員(京都大学東南アジア 研究所)。
田崎郁子(たざき・いくこ)日本学術振興会特別研究員(京都大学大学院アジ ア・アフリカ地域研究研究科)。
内藤大輔(ないとう・だいすけ)総合地球環境学研究所特任助教。 中井仙丈(なかい・せんじょう)チェンマイ大学人文学部講師。同大日本研究 センター副所長。

■背表紙から
本書のテーマはシンプルかつ深遠だ。スコットは言う、「原始的」 な民俗は、わざわざ、そのような生活習慣を選ぶことで、国家によ る束縛を逃れているのだ、と.
彼らが、焼畑に根菜類を植え、文字を使わず口承で伝え、親族関 係を自由自在に変化させる文化を発達させてきたのは、権力からの 自由と自治のための戦略だった。というわけだ.
さらにスコットの眼差しは、全世界に広がる.アメリカ大陸の逃 亡奴隷によるマルーン共同体.ヨーロッパのロマ.ロシアのコサッ ク……彼らの社会の成り立ちのなかにも,課税や奴隷化を逃れ,自 由を希求する構えが読み込まれていく.
国家による管理の無力さを一貫して追求してきた政治学者・人類 学者による,壮大なスケールの(もうひとつの国家論).

■目次
はじめに ix
I 山地、盆地、国家―ゾミア序論 1
・周縁の世界 3
・最後の囲い込み運動 4
・臣民を作り出す 9
・「ゾミア」―偉大な山の王国、もしくは東南アジア大陸部の跨境域 13
・避難地帯 22
・山地と平地の共生史 26
・東南アジア大陸部のアナーキズム史観に向けて 33
・政治秩序の基本単位 36

II 国家空間―統治と収奪の領域 41
・国家空間の地理学と地勢の抵抗 41
・東南アジアにおける国家空間のマッピング 51

III 労働力と穀物の集積―農奴と灌漑稲作 65
・人口吸引装置としての国家 65
・国家景観と臣民の形成 74
・「読みにくい」農業の撲滅 78
・多様性のなかの統一―クレオールセンター 80
・人口支配の技術 85
・奴隷制 85
・財政面の早くのしやすさ 91
・自滅する国家空間 94

IV 文明とならず者 99
・平地国家と山地民―双子の影 100
・野蛮人への経済的な需要 106
・創られた野蛮人 111
・借り物の装飾品をとりこむ 113
・文明化という使命 117
・規範としての文明 121
・国家を去り、野蛮人のほうへ 123

国家との距離をとる―山地に移り住む 129
・他の避難地域 132
・ゾミアに移り住む―長い歩み 139
・避難の偏在とその原因 144
・課税と賦役 146
・戦争と反乱 148
・略奪と奴隷売買 152
・山地へ向かう反逆者と分派 155
・国家空間における過密、健康、生態環境 160
・穀物生産に逆らうように 162
・距離という障壁―国家と文化 167
・乾燥地の小ゾミア、湿地の小ゾミア 169
・野蛮人のほうへ 174
・アイデンティティとしての自律、国家をかわす人々 176

VI 国家をかわし、国家を阻む―逃避の文化と農業 181
・ある極端な事例―カレンの「逃避村」 182
・なにより場所、つぎに移動性 185
・逃避農業 190
・新大陸の視点 190
・「逃避型農業」としての移動耕作 193
・逃避農業としての作物選択 197
・東南アジアの逃避焼畑 199
・東南アジアの逃避作物 201
・トウモロコシ 203
・キャッサバ 206
・逃避の社会構造 207
・「部族性」 208
・国家らしさと永続的上下関係の回避 212
・国家の影で、山地の影で 216

VI+1/2 口承、筆記、文書 221
・筆記の口承史 222
・読み書きの偏狭性と文字喪失の前例 225
・筆記の欠点と口承の利点 228
・歴史をもたないことの利点 236

VII 民族創造―ラディカルな構築主義見解 241
・部族と民族性の矛盾 241
・多民族を吸収して国家を作る 248
・低地をならす 254
・いくつものアイデンティティ 256
・ラディカルな構築主義 260
・部族を作りだす 263
・家系の体面を保つ 269
・立ち位置 274
・平等主義―国家の発生を防ぐ 277

VIII 再生の預言者たち 287
・生まれつきの預言者、反乱者 288
・フモン 288
・カレン 289
・ラフ 293
・周縁と疎外の弁神論 297
・無数の預言者たち 299
・「遅かれ早かれ」 301
・高地における預言運動 306
・対話、模倣、つながり 309
・臨機応変―究極の逃避型社会構造 315
・民族合作の宇宙論 319
・キリスト教―隔たりと近代化のための資源 323

IX 結論 329
・国家をかわし、国家を阻む―グローバル-ローカル 333
・撤退の諸段階と適応 337
・文明への不満分子 340

用語解説 345
小さき民に学ぶ意味―あとがきに代えて 佐藤仁 351

索引 i
原注 viii

■書評
るびりん書林