独自の視点で本を選んで紹介しています。

aroha.asablo.jp/内をGoogle.comで検索します


「Amazon.co.jpアソシエイト」

○■日本の川を旅する―カヌー単独行 (1982年) ■2015年09月11日 14:07

日本ノンフィクション賞(新人賞)を受賞した、自然の楽しさ、大切さを伝える名著


野田 知佑 (著)
-: 290ページ
出版社: 日本交通公社出版事業局 (1982/04)

■新装版「まえがき」より
八年ぶりに長良川へ行ってみた。
相変わらず良い川で、良い川というのは大したもんだ、と思った。 一人の爺さんと釣りに行ったが、朝のうちは体の具合が悪い、と言っていた爺さんは、川原に着くと生色を取り戻し、二、三匹、魚を釣ったら、すっかり元気になってしまった。「良い川」とか「良い女」というのはこんな効用がある。

■著者略歴(新装版のカバーより)
一九三八年、熊本県に生まれる。
早稲田大学英文科を卒業し、
旅行雑誌記者を経て、現在はエッセイスト。
これまでに、ヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリア、
ニュージーランド、カナダの川を漕破した、
カヌーイストの第一人者である。
著書に『魚眼漫遊大雑記』(講談社)、
『のんびり行こうぜ』(小学館)、『北極海へ』(文藝春秋)、
『川を下って都会の中へ』(小学館)がある。
日本の川を旅するで
第九回日本ノンフィクション賞(新人賞)を受賞

■1989年新装版目次
新装版まえがき 9
いざ原野の光の中へ――釧路(くしろ)川 23
幻の魚イトウをつった――尻別(しりべつ)川 47
雨ニモ負ケル、風ニモ負ケル――北上(きたかみ)川 71
老婆は一日にしてならず――雄物(おもの)川 95
山河滅びて人肥え太り――多摩(たま)川 117
やっぱり日本は広い――信濃(しなの)川 139
冒険は三日もすると日常になる――長良(ながら)川 161 家族でツーリング――熊野(くまの)川 185
春の岸辺は花々に彩られ――(ごう)の川 209
水の上で水に渇く――吉井(よしい)川 231
桃源郷に若者は住めない――四万十(しまんと)川 253
美人も簗場(やなば)も洪水が流した――筑後(ちくご)川 275
唖然、ふる里の川はいま――菊池(きくち)川 297
薩摩(さつま)隼人(はやと)は死んだか――川内(せんだい)川 321

あとがき 344

■一言:
1985年に新潮社から文庫版、1989年に講談社から新装版が出ています。

■書評
るびりん書林 別館