独自の視点で本を選んで紹介しています。

aroha.asablo.jp/内をGoogle.comで検索します


「Amazon.co.jpアソシエイト」

○■アフリカ最後の裸族―ヒデ族と暮らした100日 (1978年) (大日本ジュニア・ノンフィクション)■2015年09月15日 09:41

1968-69年、カメルーン政府による「はだか狩り」が進む村の様子


江口 一久 (著)
-: 144ページ
出版社: 大日本図書 (1978/02)

■商品の説明
内容
カメルーン北部、チャドおよびナイジェリアと国境を接するマンダラ山脈に住む、周囲の人々とは異なった様子をし、裸体で暮らしていたヒデ族の村で暮らした100日間の記録。

著者について
江口一久(えぐちかずひさ)
1942年京都市に生まれる。京都大学文学部卒業。現在、国立民族学博物館教授。西アフリカで、ヒデ族、フルベ族などの人類学的調査を行っている。 著書に「フルベ族とわたし」、「懺悔の詩」、「フルフルデ語マルア放言雑記」などがある。(2003年4月に第日本図書株式会社から能開文庫として発行された版より)。

■目次(2003年4月に第日本図書株式会社から能開文庫として発行された版)
1 サハラ砂漠(さばく)をこえて 9
ジーンズは「はきかえられる」けれど 9
美しい村、美しい人 13

2 ギレ・ウサくんとの出会い 16
コトバ・ことば・言葉 16
ふたりの「先生」 23

3 長い一日 29
コンジェラ(ほう)が見える! 29
文明の音も消えて 33

4 天の上まで住む人びと 40
ふしぎな「村」のかたち 40
ヒデ(ぞく)はどこからきたか 48
"はだか"の生活 51
トゥル村の一年 57
首長(しゅちょう)とわたし 60

5 とんがりぼうしの家 62
ギレさんの家 62
新しい家が()つ! 69

6 モロコシとビール 72
(かた)がゆとビール 72
市場(いちば)のにぎわい 77
わたしの水 83

7 かじ屋のハリさん 85
"魔力(まりょく)"をもつ人びと 85
(さい)新妻(にいづま) 89

8 つの(ぶえ)とたいこ 92
語り、うたい歩く人びと 92
クザイ・ダゴダム・タルナ・タルナさん 95
つの(ぶえ)とオカリナのひびき 100

9 おどる人びと 102
乾季(かんき)――休息(きゅうそく)季節(きせつ) 102
先祖(せんぞ)の名まえをたどって 104
牛祭(うしまつ)りの熱狂(ねっきょう) 107
夜空に歌声がひびいて――ハナスコの犠牲祭(ぎせいさい) 116
"休息(きゅうそく)季節(きせつ)"最後(さいご)のおどり――スカラ・ゾングァの(まつ)り 120

10 さよならコンジェラ(みね) 122
火が消えるように(わか)い命が消える 122
トゥル村の「学校」 128
ヒデ(ぞく)独立心(どくりつしん) 133
文明(ぶんめい)未開(みかい)のあいだで 136
さよならヒデ(ぞく) 140

写真 熊瀬川 紀
資料画 江口 一久(フィールド・ノートより)

■書評
るびりん書林 別館

○●未知の裸族ラピチ●2015年07月23日 10:39

昭和42年に発行されたアマゾンのラピチ族訪問・滞在(2カ月)の記録


飯山 達雄 (著)
朝日新聞社発行
昭和42年6月30日
284ページ

■商品の説明
内容の紹介
狩猟民の姿に感動し、世界各地の民族を訪ねるうちに、米大陸の先住者たちがモンゴロイドであることを知って精力的に取材を始めた著者。一年中収穫できるマンジョーカを主食としたために、貯蔵の必要もなく大規模な組織の誕生も避けることができた、南米アマゾンの裸族ラピチを訪ねる道筋と、そこで過ごした日々が描かれている。

著者について
飯山達雄(いいやま・たつお)
1904年横浜生まれ。1930年頃より山岳に興味をもち、北朝鮮の未登峰を次々に登攀。1937年より北満、内蒙古、ゴビ砂漠の探検旅行。1943年より南米大陸へ旅し、10年間にわたってモンゴロイドを追い、マト・グロッソ、アマゾンを経てアンデス沿いに南下。マゼラン海峡を超えて、氷河の島ナヴァリーノ島へ渡って写真取材。1965年帰国。現在日本写真家協会員。
著書―「朝鮮の山」、「金剛山」、「蒙疆の旅」、「ブラジル」、「バガボンド12万キロ」、「ニューギニア」(朝日新聞社刊)、「インカの織物」(朝日新聞社刊)などがある。
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次
カラー・ページ 3
グラビア・ページ 123
グラビア・ページ 191

第一章 密林の掟 17
四季のない緑の砂漠/文明と原始の境/カソリック神父の失敗/巨人裸族の出現/便利な言葉「カナウン・カリ」/大密林での野宿
第二章 裸族を求めて 39
はじめの目的はスーヤ族/目的地バスコンセイロス/面倒な入蕃許可/助手から梅干まで/南米のへそクヤバ/テコテコやぁーい/着陸寸前で引き返す/干首はごめんだ
第三章 密林のダイヤ掘り 62
ガリンペイロ殺人事件/ドル両替は宝石商で/女の囲い場/一万五〇〇〇人のダイヤ掘り/アグスト親方の話/ダイヤ掘りの掟/女連れの仲買人/あわや拳銃一発/弾丸除けの報酬
第四章 ついに裸族を見つけた 89
金時豆つきの安宿/パイロットをだます/乱麻の川に迷う/文明社会よ、さらば/シュカラマエ族/密林の貿易/未知の巨人族ラピチ
第五章 部落にはいる 111
ナイロン糸を引きちぎる/生命の保証のない地域/ポパイ誕生/ラピチ部落にはいる/酋長の夫人は二人/ラピチのご馳走/最初の晩
第六章 石器人の暮し 136
すべて石器時代/陰毛のないわけ/ウスノロ君は武器メーカー/主食マンジョーカ/ラピチの副食/鳥を食わないわけ/ラピチの調味料/バクカツの由来/ラピチの人的構成/サイルア酋長の権力
第七章 ラピチと私 161
土産物で文化革命/ウィテケの会/速成の理髪教師/結婚の有資格/成年式と呪術師/残酷な瀉血/女の子の成年式と求婚/結婚と出産
第八章 ラピチはモンゴロイド 185
水浴び/モンゴロイドの確証/畑作と狩猟/美容・整形・アクセサリー/アフェニッツェの急死/お葬式/呪術と医薬
第九章 さらば密林の自然児よ 217
スピード写真屋開業/絵に対する反応/あわや、横恋慕/言葉の採取/数の観念/別れを告げる/約束の飛行機来る
第十章 密林の大牧場主 241
徹夜の野外舞踏会/夜空の虹/目玉の松ちゃん/ファゼンダーごとに温水プール/四国がすっぽり入る所有地/奇想天外な開拓法/荘大な火入れ/貯える牛は二〇万頭/趣味もおおがかり/牧童の結婚式/花嫁を奪い合う

あとがき 276

■「あとがき」の冒頭部分
  戦前、朝鮮に住んでいた私は、手近な北満州(現在の中国北東部の北方)や内蒙古を歩き、ゴビ砂漠へと足を延ばしていった。
  一九三七年(昭和十二)年、北満のハイラルへ旅したとき、北興安嶺の山奥へでかけた。 そのとき、はじめて草原の放浪児といわれるオロチョン族にめぐり会い、彼らが狩猟だけにたよって生きぬいている姿をみた。 ノロ鹿を倒して肉を食い、皮を剥いでテントに使っている彼らの生活は、生まれて間もない大地に生きる原始人を見たような気がした。
  それが動機で私は、暇をつくっては内蒙古からゴビへと、モンゴル、キルギスを追い、彼らの生活記録の写真を撮って歩いた。
  一九四一(昭和十六)年、そのときも私は、内蒙古のシリンゴールへはいり、ブリヤート・モンゴルの写真を撮って任地の京城へ帰ってきた。 すると、間もなく日本は悪夢の太平洋戦争に突入し、私のモンゴルの追求の写真記録は棚上げのやむなきにいたった。
  戦争中はニューギニアへ行く機会をえて、大ジャングルの中でまる二年間、首狩族のマネキオンを始め未開族と暮らした (マネキオン族は炭田調査地の付近に蟠居(ばんきょ)していたので、これを宣撫して協力させた)。 この体験はその後のブラジル・インディオとの接触に大いに役立ったのである。
  一九五五(昭和三〇)年、私が初めてブラジルへ旅したとき、サンパウロの映画館で「裸族・シャパンテ」という記録映画を見た。 実はそれまで私は、ブラジルの密林中に住むインディオは、アフリカ黒人系の未開族くらいに考えていた。
  ところが、画面に現れたインディオは、まぎれもないモンゴロイド――いうなれば、われわれ日本人と祖先を同じくしたアジア人種の中の類蒙古人(モンゴロイド)なのだった。
  この映画を見た瞬間から、一九三七年以来の私のモンゴル追求欲が再燃し、これこそは「私、生涯の仕事」と、アメリカ州のモンゴロイド追跡の執念を強く固めたのである。
  それからというもの――一九六二(昭和三七)年までの七年間は、アマゾンからマト・グロッソの密林地帯を歩きまわって、ブラジル・インディオの数部族に接触した。
  次には、パラグアイのグァラニー族、ペルーのヒバロ族、ケチュア族(インカの子孫)、そして、またまたブラジルのラピチ族を訪ねてチリへ飛んだ。
  チリではアラウカーノ(アラカニア族ともいう)と、さらに南米最南端のマゼラン海峡を越えてナヴァリーノ島と呼ぶ氷河の島へ渡り、 ジャガネス(ヤーガン族ともいう)の取材を終り、一九六五年資料整理のため一たん日本に帰ってきた。
  考えてみると、アメリカ州のモンゴロイドの追求を始めてから、すでに一〇年という暦日を重ねた。 だが、これだけでは、まだまだ――中米グアテマラの密林の中にはマヤ族の子孫といわれるラカンドーネス(ラカンドン族ともいう)が残り、北極圏には、数多い部族のエスキモーがいる。
  それらの中に、彼ら民族の伝統をうけついで生きている純粋の部族がどのくらいいるものか……それを追い求めて記録するには、まだ相当の時間がかかりそうだ。

■一言:
裸族と暮らしているときよりも都市に戻ったときに、ビキニスタイルに「てらい卑猥の混合」を感じたことや、蜂蜜を採るラピチの女性たちが平気で蜂に刺されていることなど、貴重な体験談も含まれています。
『ゾミア』にあるように彼らもスペイン人たちから逃れて原始生活に戻った人々なのかもしれません。

○■海女の島 舳倉島 〔新装版〕 (転換期を読む)■2015年06月11日 08:44

半島国家に生まれたイタリア人の目を通して知る、日本人と海の親和性の高さ

フォスコ マライーニ (著), Fosco Maraini (原著), 牧野 文子 (翻訳)
単行本: 163ページ
出版社: 未来社; 新版 (2013/9/30)

■内容(「BOOK」データベースより)
日本の文化に深い関心を寄せたイタリアの人類学者フォスコ・マライーニ。1950年代に記録映画撮影のため日本各地を訪れた著者にとって、舳倉島の人びとの生活は「詩的」であり「偽善とタブー」から解放してくれるものだった。
著者について
フォスコ・マライーニ(Fosco Maraini)1912年イタリア・フィレンツェ生まれ。写真家、登山家、人類学者、東洋学者。2004年逝去。1930年代後半に日本に留学。北海道大学医学部に所属し、アイヌの信仰やイクパスイについて研究した。1946年イタリアに帰国、1953年再来日、日本各地をまわり記録映画を撮影した。京都帝国大学(現京都大学)でイタリア語を、フィレンツェ大学では日本文学を教えた。1987年~88年、京都の国際日本文化研究センター客員教授。1986年に国際交流基金賞受賞。著書『ヒマラヤの真珠』(1943年、精華房)『チベット――そこに秘められたもの』(1958年、理論社)『ガッシャブルム4――カラコルムの峻峰登頂記録』(1962年、理論社)『海女の島《舳倉島》』(1964年、未來社)『JAPAN』(1971年、講談社)『随筆日本――イタリア人の見た昭和の日本』(2009年、松籟社)ほか。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マライーニ,フォスコ
1912年イタリア・フィレンツェ生まれ。写真家、登山家、人類学者、東洋学者。2004年逝去。1930年代後半に日本に留学。北海道大学医学部に所属し、アイヌの信仰やイクパスイについて研究した。1946年イタリアに帰国、1953年再来日、日本各地をまわり記録映画を撮影した。京都帝国大学(現京都大学)でイタリア語を、フィレンツェ大学では日本文学を教えた。1987年~88年、国際日本文化研究センター客員教授。1986年に国際交流基金賞受賞
牧野/文子
1904年大阪市生まれ。神戸女学院卒業。「東京時事新報」記者を経て詩人として活動、翻訳なども手がける。1984年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次
日本語版への序文

1 腕、頭、脚、包み、子ども、袋、お尻、靴などの大洪水
2 《ヒツジ雲》の空は、《ウロコ雲》の空
3 海の子、海女
4 ほんものの海女を探し求めて
5 うさん臭さを、見て見ないふり
6 黒く険阻で、不気味な七つ島
7 土地を耕すですって? なんて恥ずかしいことだろう!
8 岩の筏に乗ってる人間と神様
9 灰色の石ころ道
10 《島の王さま》の家で
11 タイが海士、海女の心をやわらげる
12 イロリのそばに坐って
13 海底で、海女たちと
14 わずかな撮影にたいした苦労
15 一握りの土で、深淵を満たす
16 大鍋での入浴
17 ミコシは、神さまのおぼしめしで踊る
18 死者たちは海へ帰る
19 美人、妙子の岩礁、御厨島
20 儀礼的なあいさつと心からのあいさつ

訳者あとがき
解説 イタリア人の見た日本のヴィーナスたち(岡田温司)

■一言
解説はいまいち

■書評:
るびりん書林 別館

○混浴と日本史○2015年05月18日 10:07

日本人が残し続けた、生命の力


下川耿史 (著)
単行本: 224ページ
出版社: 筑摩書房 (2013/7/24)

内容(「BOOK」データベースより)
温泉列島・日本に花開いた混浴文化。常陸風土記にも記され長い歴史をもち、ときに権力から弾圧されながらも、庶民の日常生活の一風景となっていた。いっぽうで、宗教や売春の歴史ともかかわる面を持っていたのも事実である。明治維新後、西欧文明の波が押そ寄せ不道徳とされながらも、消えずに残った混浴。混浴が照らし出す、日本人の心性に大胆に迫る! 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
下川/耿史
1942年、福岡県生まれ。著述家。風俗史家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次(大項目)
はじめに 7
第一章 混浴、歌垣と禊ぎ 20
第二章 国家仏教と廃都の混浴 42
第三章 平安朝、風呂と温泉の発展期 74
第四章 湯女の誕生と一万人施浴 99
第五章 江戸の湯屋と地方の温泉 115
第六章 日本の近代化と混浴事情 168
あとがき 220

■帯書き
猥らなのか、
おおらかなのか、
なぜか顔が
ほころぶ

日本列島に
花開いた独自文化
混浴について
初めての通史!

■一言:
西洋文明を否定的に評価したい。