独自の視点で本を選んで1日1冊紹介しています。

aroha.asablo.jp/内をGoogle.comで検索します


○■脳の神話が崩れる時■2016年02月21日 16:42

意志、感情、意識などを対象としない科学を疑問視して脳を科学する


著者:マリオ・ボーリガード
翻訳:黒澤 修司
出版社: KADOKAWA/角川書店
2014年1月30日発行
256ページ

■商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
科学が導く「心」の正体!自己治癒、催眠、超常現象、臨死体験、多くの実験で明らかになった精神が肉体を凌駕する証拠!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ボーリガード,マリオ
モントリオール大学の心理学科、放射線科、神経科学研究センターにて准研究教授を務める。『The Spiritual Brain』の共著をはじめ、神経科学、心理学、精神医学について、多くの文献を発表している。神経科学と意識についての研究が認められ、2000年にはWorld Media Netが選出する「21世紀のパイオニア100人」のひとりとして選出されている
黒澤/修司
1980年、埼玉県生まれ。ライター、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

■目次
はじめに 人は肉でできたコンピューターなのか? 7
  ──唯物論と心脳問題
第一章 思い込みが生死を分ける 25
  ──プラシーボ効果とノーシーボ効果
第二章 脳を心で操作する 53
  ──ニューロフィードバーック
第三章 心を変えること、それは脳を変えること 79
  ──神経可塑性
第四章 感情が病気を治す 105
  ──心と体の深い繋がり
第五章 心の奥にひそむ力 127
  ──催眠
第六章 時空を超える思い 153
  ──超常現象
第七章 肉体の境界を越えて 179
  ──心と脳、そして臨死体験
第八章 大いなる自己との出会い 207
  ──神秘体験
おわりに 新たなる意識 231
NOTES 250
訳者あとがき 251

■「はじめに」のラリー・ドッシー博士による言葉より
「熟練の科学者たちが子どもたちに決して教えようとしない、ささやかな秘密がある──それは、『科学の世界に足を踏み入れるのならば、自分の精神は棚に上げなければならない』ということだ。これは、いくら人々が精神の存在を感じていようと、現在の科学では存在していないことになっているからだ。意識、意思、感情、そして理論という言葉でさえ、科学においては、脳という言葉に置き換えられてしまうのだ。」

■書評
本が好き!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://aroha.asablo.jp/blog/2016/02/21/8024382/tb