独自の視点で本を選んで紹介しています。

aroha.asablo.jp/内をGoogle.comで検索します


「Amazon.co.jpアソシエイト」

狼―その生態と歴史2015年03月25日 09:19


平岩 米吉 (著)
単行本: 308ページ
出版社: 築地書館; 〔新装版〕版 (1992/09)

商品の説明
出版社からのコメント
ニホンオオカミ 絶滅したニホンオオカミの生態と歴史の集大成。数十年にわたって収集した正確な資料と、狼と生活を共にした実体験に基づく科学的な観察と分析により、ニホンオオカミの特徴や大きさ、性質、残存説などを検証。神格化された古代から絶滅へいたる歴史も詳述する。
内容(「BOOK」データベースより)
「大口の真神」とあがめられた古代から、「病狼」と恐れられ、やがて絶滅していったニホンオオカミの生態と歴史を、数十年にわたって収集した正確な資料と、生態学の眼をもってまとめあげた。ニホンオオカミの正史。
内容(「MARC」データベースより)
「大口の真神」とあがめられた古代から、「病狼」とおそれられ、やがて絶滅していったニホンオオカミの生態と歴史を、数十年にわたって収集した正確な資料と、生態学の眼をもってまとめあげた。

一言:長く読まれている良書